お金 生活費

携帯代見直し【固定費削減】

こんにちは、bantyuです。

 

携帯代を見直したので書いていきたいと思います。

尚、キャリアは私が高校生の頃(約20年ほど前)からdocomoを使用しています。

 

 

今までのプラン

去年の日本帰国後に、docomo withという対象機種との契約なら、

月々1,500円引き(税込み1,620円引き)

という最強の割引きプランがありましたので以下の機種に機種変していました。

これで契約して、SIMだけ別途iPhone等の他のスマホに変えてももちろんOKです。

 

http://bantyu.com/2017/12/04/post-900/

 

 

これまでのプランは以下の通りです。

  • カケホーダイ:2,916円
  • 光データMパック:5,400円
  • インターネット接続サービス:324円
  • ドコモ光:4,320円
  • docomo with:-1,620円
  • ドコモ光セット割:-864円
  • ずっとドコモ割(プラチナ):-864円

携帯代は5,292円とドコモ光が4,320円で、合計9,612円

※上記価格はすべて税込み価格になります。

 

プラン変更後

以前は格安SIMも考えましたが、ドコモ光のセット割引や、dカードゴールドを契約しているので携帯代とドコモ光代の10%ポイントが付くということもあって、docomoを使い続けることにしました。

docomo withのおかげもあって、月10,000円以下に抑えれてましたので、結構頑張ったほうだと思ってました。

しかし今回また海外赴任になり、日本の携帯は一時帰国中以外はあまり使わなくなったので、再度プランを見直すことにしました。

 

今回見直したプランは以下になります。(青文字部分が変更点)

  • カケホーダイライト:1,836円
  • ベーシックパック(~1GBまで):3,132円
  • インターネット接続サービス:324円
  • ドコモ光:4,320円
  • docomo with:-1,620円
  • ドコモ光セット割:-216円
  • ずっとドコモ割(プラチナ):-108円

携帯代は3,348円とドコモ光が4,320円で、合計7,668円

※上記価格はすべて税込み価格になります。

 

約2,000円ほど削減できました。

 

電話は一時帰国時にしか使わないので、一応カケホーダイライトです。

もっと突き詰めるとシンプルプランでもいいかもしれません。

パケット量1GBまでの金額です。それ以上使うと値段が上がっていきます。

今は日本にいないのでこれでいいですが、駐在期間が終わったらプランの見直しは必要ですね。

 

 

ちなみに光データMパックのときと同じ、5GBまで使用すると料金は以下のようになります。

パケット代が上がると、ずっとドコモ割とドコモ光セット割の割引額も上がります。

 

docomoの料金シミュレーションはこちらから↓

https://www.nttdocomo.co.jp/charge/simulation/

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私は海外駐在なので参考になるかは微妙ですが、見直すと削減できそうなところが出てきます。

お金が貯まらないと嘆いているアナタ、まずは固定費の見直しからチャレンジしてみましょう。

 

固定費については以下にもまとめていますのでよろしければ見ていってください。

 

http://bantyu.com/2017/05/24/post-307/

-お金, 生活費

© 2020 0 to 1 -ゼロイチ -