生活費公開【2018年1月】

こんにちは、bantyuです。

最近、仮想通貨界がイマイチで、私自身の投資熱も冷めつつあります。

そして趣味の車弄りが復活してしまいました。

さて、2018年1月度の生活費を見ていきましょう。

スポンサーリンク

収支の内訳

収支内訳は以下のとおりです。

なんとか黒字にはなりましたが、相変わらず趣味の支出が多く、目標を上回ってしましました。

反省点

今月も趣味・娯楽の金額が多いです。

趣味金額の目標を今までの2万円から5万円にアップしましたが、それでも大幅に上回ってしまっています。

買ったのはLGの32インチ4Kモニター。クーポンで割引があったのと、PS4を大画面でやりたいが為に買ってしまいました。しかしゲームをやる時間なんてないのは分かっていたことなのに・・・。

無駄遣いが過ぎます。

投資の積み立て状況です。

上記の支出とは別に毎月積み立てを行っています。

ちょっと生活が苦しい(自業自得)なので、今月から投資信託の積み立て額を減らしました。

①楽天証券

  • ニッセイ 外国株式インデックスファンド ・・・13,000円
  • ニッセイTOPIXインデックスファンド ・・・10,000円
  • ニッセイ グローバルリートインデックスファンド ・・・6,000円
  • 野村インデックスファンド・新興国株式(Funds-i 新興国株式) ・・・18,000円
  • たわらノーロード 先進国株式 ・・・10,000円

②iDeCo(楽天証券)

  • たわらノーロード 先進国株式 ・・・23,000円

③WealthNavi ・・・20,000円

合計10万円を積み立てています。

尚、iDeCoでは「たわらノーロード先進国株式」のみを積み立てるように設定しました。

他の投資との合計で分散できればいいと考えているので、iDeCo内では分散しません。(これ以外にあまり投資したい商品がないというのもあるけど・・。)

この辺は目標のアセットアロケーションの配分になるように調整していきます。

家計簿管理

家計簿管理には「マネーフォワード」というサービスを使っています。

各種銀行口座や証券口座等と連携が出来るので、家計簿入力の手間が省けてとても便利です。

ですので、普段の買い物は出来るだけクレジットカード払いにしています。

無料会員では10個までしか口座を登録できないので、プレミアム会員に登録しています。(月500円)これだけでもプレミアム会員になるだけの価値はあると思います。

マネーフォワード↓

自動の家計簿アプリ「マネーフォワード」は、だれでも簡単に続けられる自動の家計簿です。お使いの銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイントの口座を自動でまとめ、家計簿を自動作成します。スマホでも使えて、資産管理機能も充実。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする