ベトナム生活費公開【2017年8月】

こんにちは、bantyuです。

暗号通貨市場が大賑わいで少々浮かれている毎日です。

さて月が変わりましたので、先月のベトナム生活費をまとめたいと思います。

ここでは私のベトナムでのリアルな生活費を公開しています。

(※日本での経費は別。ベトナムに住んでいても日本側の固定費の支払いは結構あります。)

固定費の見直しは節約への第一歩!【貯金術】
こんにちは、bantyuです。 今日は固定費の見直しについて書いていきたいと思います。 日本にいた頃は、給料が入ったら入...

さて今月はどのような結果になったのか?

スポンサーリンク

収支の内訳

2017年8月の収支内訳は以下のとおりです。

※日本円に換算したらいくらになるのかも、参考までに表の隣に記載しています。

反省点

今月はなんとかプラスに持っていくことが出来ました。少しですが貯金は出来たので良かったと思います。ちなみに貯めたお金は日本に帰る前に、日本円に換金して全部持って帰ります。

内訳ごとに反省点を挙げると、

①食費

たまに外食をしたり、イオンで日本から輸入の食品を購入などで少々高くつきました。

食費を浮かせるために昼を抜いたり、夜も食べないことも多々あるのですが、これでは体調が悪くなり、何事にもやる気もでません。ダメですね。要改善項目です。

②交通費

タクシーを結構使用したため高くなっています。今月も本社の社長が来ていたので、ハノイの日本食屋で食事をしたのち、私の家があるロンビエンまで毎日タクシーで帰ってましたので、高くつきましたね。(社長はハノイ市内のホテル)大体1回で15万ドンくらいかかります。

③交際費

知り合いの方との飲み代です。1回だけですが飲みにいくとこれくらいかかります・・・。

④その他

ワーカーの結婚式の祝儀と、その他仕事関係の費用がかかっています。

私の日本への帰国ですが、一応9月23日ということで決まりました。

ですので、ベトナム生活費の紹介も来月が最後になる可能性が高いです。

さて、あと3週間くらいしかありませんが、最後にベトナム生活を堪能したいと思ってます。

あ、つい先日、親しい友人K氏が家に招いてくれて送別会を開いてくれましたw

なんでも日本人が作っているケーキ屋で買ってくれたそうです。おいしかったです。ありがとー!

おすすめの家計簿管理

ベトナムでの家計簿管理には「Zaim」というサービスを使っています。

外貨設定が出来るので便利ですよ。

650 万人が利用!日本最大級の家計簿アプリ・レシート家計簿サービスの新定番。iPhone・Android・iPad・Windows などスマホアプリとパソコン・タブレットなどの Web で連動して使えます。これまで家計簿に挫折していた 84%の人が「Zaim なら続けられる!」と回答!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする