ベトナムのタクシー移動にはUberアプリが便利!

こんにちは、bantyuです。

※以下はUberについての記事ですが、2018年4月9日より、Uberはベトナム事業を撤退し、使用できなくなりましたのでご注意ください。同業者であるGrabに事業を引き継ぎとなりました。

↓Grabについては以下の記事が参考になります。

ホーチミンの飲食店やショップ、不動産、求人、イベント、カラオケ、ビジネス情報の閲覧、生活必需品の個人売買、友達探しなどが出来るベトナム在住者や観光者のためのコミュニティサイト。

今日は天気が良いですね。
日曜で仕事が休みなので、イオンモールまで来ています。

TWITTER BEANS COFFEEというカフェに来ていますが、

ここのクラシックチョコレートという飲み物は美味しいです。

 

家からイオンまで歩くと20分くらいかかるのですが、
流石にこの距離を歩くのは、今の季節は日差しが強すぎて少々気が引けるので、途中でタクシーを拾いました。
ふと思い出したのがアプリでのタクシー配車システムのUber(ウーバー)というアプリです。

ユーバーかと思ってたのですが、ウィキペディアによるとウーバーだそうです^^;

さっそくUberを検索しインストール。

先日、Vittel(ベトナムの携帯電話キャリアの1つ)のSimを4G対応の物に交換したので、
道にいましたが、アプリは1分くらいですぐ落とせました。

スポンサーリンク

Uber(ウーバー)の使い方

以下にUberの使い方をご紹介します。

私はiPhone環境ですので、Androidの方は少し異なるかもしれません。

アカウント登録

まず最初アカウントの登録が必要です。
下記のような画面が表示されたら、電話番号を登録します。
私はベトナムの電話番号なので、国はベトナムを選択。

  

電話番号を入力すると、SMSでコードが届きますのでそれを入力します。

そして名前と名字を入れると登録完了です。
私の場合、名と姓の順番で表示されていたので名前が先だった。(例:Taro Tanaka)

海外で使うので一応ローマ字で、入力しておきました。

配車の仕方

使い方は至って簡単です。
アカウントの登録が出来たら、以下のような画面になるので、「行き先は?」をタップします。

  
住所が分かっていれば住所を入力、分からなければピンの位置を指定して行き先を選択することも出来ます。

試しにイオンモールロンビエンからホアンキエム湖までのルートを検索してみるとこんな感じ。

真ん中のUberXってのがタクシーですね。
58,000vndと表示されていますね。約290円です。
普通のタクシーと同じくらいか、少し安い感じです。
値段が出ているのでボッタクられないので安心ですね。

あとは一番下のUBERX依頼するのところをタップすれば、配車手配することが出来ます。

配車を待つ場所についてからタップするようにしてくださいね。

依頼ボタンを押してから動き回るとドライバーの方が探しにくくなりますので。

UberMOTOってのはバイクタクシー(Xe Om)です。
こちらはかなり安いので、近くにバイクタクシーがいる場合は便利です。

紹介コード

紹介コードを入力すると、なんか割引があるみたいです。

私の紹介コードは以下になります。よろしければどうぞ!

vcim76

まとめ

私は今まで普通のタクシーしか使ったことなかったのですが、Uberを使ってみると本当に便利です。
これからはどんどん有効活用していきたいと思います。

ITの進化は素晴らしい!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする